犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 循環器系の病気事典 > 副腎皮質機能亢進症 (ふくじんひしつきのうこうしんしょう)

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

副腎皮質機能亢進症 (ふくじんひしつきのうこうしんしょう)

★原因・症状

糖質コルチコイド(副腎皮質から分泌されるホルモン)の過剰分泌が原因となって発症する病気です。原因となるものはいくつかあり、ステロイドの長期投与や、脳下垂体の腫瘍化・副腎の腫瘍化などによっておこることもあります。症状としては、水をいつもより多く飲んだり、食欲不振、吐き気などがみられます。皮膚にも脱毛などの異常がみられることもあります。

★対策・治療

ステロイドが原因の場合とみられる場合は直ちにステロイド使用を中止し、副腎皮質の反応を抑制する薬を投与するのが一般的です。腫瘍が原因の場合は手術などで摘出します。どちらにしても動物病院の先生とよく相談して決めましょう。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。