犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 呼吸器系の病気事典 > 気管虚脱 (きかんきょだつ)

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

気管虚脱 (きかんきょだつ)

スポンサーリンク

★原因・症状

興奮したり激しい運動を行ったときに「ガッ」「ガッ」と咳のようなしぐさをするのが症状の特徴です。もともとの形が筒のような形をしている気管に何らかの異変が生じて変形し、完全な筒状でなくなると、その変形が生じた場所に炎症が起こりやすくなります。また、遺伝的に起こる場合も多く、特にチワワ・トイプードル・ポメラニアン・ラブラドール・ゴールデンレトリバーに発生することがあります。首輪をして散歩をする犬で、強くリードを引っ張って歩く犬にも発生しやすい病気です。
症状が進行していくと気管の気道が閉鎖してチアノーゼ状態になり、呼吸困難に陥ってしまう場合もあるので、ひんぱんに見られる場合は注意が必要です。

★対策・治療

遺伝的なものが多く対策といった対策がないのが現状なので、咳き込む時がどのような時であるかをチェックし、そのような状態にならないように心がけ、悪化させないようにします。
生活のなかでは、湿度や温度を快適な状態に維持し、激しい運動を控えるのがよいでしょう。また、やたらとリードを引っ張って散歩する犬の場合には首輪をやめてハーネスをつけて散歩させるほうが良いでしょう。
症状が頻繁に起こる場合は内服薬や酸素吸入などの応急処置が必要になってきます。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。