犬モールTOP > 犬の種類別体験談 > イタグレ

犬の病気
犬の病気 犬の種類と特徴 犬の病気 症状 犬 体験談 犬とお出かけ 遊べる公園 犬のしつけ 犬を飼う

スポンサーリンク

犬の種類でみる 病気や暮らしの体験談  イタグレ

2006年度JKC登録数…2,685頭(第26位)

イタグレJKC登録数の変移

イタグレ その1 イタグレ その2イタグレ その3

スポンサーリンク

イタグレの特徴

イタグレ しつけやすさ私は以前に実家でプードルを飼っていました。イタグレはプードルのようなずる賢さがなくて、とても穏やかな性格だと私は思います。
それでいてすごく活発で遊んでいても楽しいです。しつけに関しても特に苦労した思い出はなく、トイレもすぐに覚えてくれました。(千葉県・真由さん)

イタグレ お手入れ毛が短いので手入れはとても楽ですね。その分耳や歯をこまめに掃除してあげてます。嫌がるから大変ですけど。(千葉県・真由さん)

イタグレ 運動量とにかく足が速いので、散歩では満足してなく思えて可愛そうです。だからできるだけ時間を作ってドッグランに行かせるようにしています。
ドッグランに行くと、水を得た魚のようにはしゃぎまわってくれるので、見ているとこっちまで幸せになってきますね。(千葉県・真由さん)

イタグレ 飼いやすさ毛が短いのでお手入れは楽で性格も温厚なので、単純に飼いやすさというと抜群だといえます。
ただ、散歩があまりできない人ではストレスを溜めさせてしまう恐れがあります。
一緒に遊びたい人にはうってつけのわんちゃんですね。

イタグレ 長所ウチの場合は、知らない人には距離を置いてなかなか近づかないんですが、私たち家族に対してはすごく忠実です。(千葉県・真由さん)

イタグレ 注意点毛が少ないので寒さに弱いのはいうまでもありませんが、よく聞く話は足の骨折ですね。見るからに細くて折れそうで心配な気はしますが、実際に折れることもよくあるそうです。できるだけ下が柔らかい所で走らせてあげたいですね。

イタグレ 歴史イタリアで誕生したイタグレは、17世紀にはイギリスに渡り、イタリアと同様に貴族の間で飼われていました。そしてヴィクトリア女王の時代には最高の人気を誇っていたともいわれています。
しかし、その後、犬の健康を度外視し、サイズを小さくするための交配が繰り返された為に数が減ってしまい、イギリスではほとんど見かけなくなったそうです。
しかし幸運なことにイタグレは、1800年代にアメリカに持ち込まれていたため全滅はしませんでした。その後は順調に交配されて復活するに至りました。そして今日でも、再び高い人気を誇る犬種となったのです。
イタグレ その4 イタグレ その5イタグレ その6

スポンサーリンク

犬種体験談INDEX

小型犬

中型犬

大型犬

犬の食事

Copyright (C) Inu-mall All rights reserved.