犬モールTOP > 犬のしつけ > トイレの設置

犬の病気
犬の病気 犬の種類と特徴 犬の病気 症状 犬 体験談 犬とお出かけ 遊べる公園 犬のしつけ 犬を飼う

スポンサーリンク

●犬のトイレ

新たに家に迎える愛犬のトイレを作る場合には、 その犬自身のオシッコが残っている紙や布の一部をあらかじめブリーダーやペットショップに用意してもらいましょう。

■トイレの場所

犬 トイレ 犬はトイレを匂いで判断しますが、場所で覚えることもあります。できれば愛犬のトイレは同じ場所にしてあげましょう。トイレを設置する場所は、部屋の隅や廊下の隅のように、静かで落ち着ける場所が向いています。特に、犬はお尻を壁に向ける性質があるので壁際がベストでしょう。窓辺やドア近辺のように、出入りが激しい場所や寒い場所は愛犬のトイレを設置するには不向きといえます。

■犬用サークルで囲む

愛犬のトイレやベッドなどの定位置を決めてあげるには「サークル」を使用するのが一般的です。サークルを置くには、犬の大きさに合わせたスペースが必要となります。小さな犬でも畳半分くらいの大きさは確保してあげましょう。
サークルが狭いと、ベッドとトイレの区別がつかなくなってしまい、トイレのしつけが思うようにいかなくなります。
ベッドは、愛犬の1.5倍前後が適度な大きさでしょう。また、ベッドを床より5cmくらい高くすると、ベッドとトイレが明確に区別できます。また、ベッドとトイレの間を何かで仕切ってやるのも効果的です。この場合愛犬がトイレとベッドを自由に行き来できるようにしてあげましょう。

■犬のトイレの認識方法

犬はトイレを足の感触でも区別しているので、可能であれば愛犬のトイレシーツも以前に使用していたブリーダーやペットショップと同じ物を使うのがいいでしょう。そして、トイレのしつけをする際には、愛犬が以前に排出したオシッコの匂いが残っているものをトイレに置き、愛犬のトイレの場所として認識させてあげましょう。

スポンサーリンク

犬のしつけ MENU

入門編

スポンサーリンク

犬の食事

Copyright (C) Inu-mall All rights reserved.