犬モールTOP > 子犬を飼う前に

犬の病気
犬の病気 犬の種類と特徴 犬の病気 症状 犬 体験談 犬とお出かけ 遊べる公園 犬のしつけ 犬を飼う

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

スポンサーリンク

●子犬を飼う前に

■家族と協力しよう

犬を飼う 犬は人間の行動をこまかく観察しています。家族の中に犬が嫌いな人がいると、犬はストレスを感じながら生活することになります。逆に、甘やかしすぎる人がいる場合は、わがままになってしまいます。
犬の問題行動と呼ばれるものはほとんどがストレスやわがままが原因になっているので、家族が何人かいる場合は注意が必要です。犬は、自分が生活する環境のなかで性格を形成していくのです。

■日々の心がけ

犬を飼う 犬を飼う事は、人間の子どもを育てるのと同じと思ったほうがいいでしょう。人間と同じように、食事・教育・遊び(運動)は毎日の生活において欠かせないものです。

とくに食事においては、年齢にあわせた栄養バランスを考え、適した量を毎日きちんと与えなければいけません。栄養管理を怠って肥満になったり栄養失調になった場合は犬にとっても飼い主にとっても悲しい毎日を送ることになります。
また、教育(しつけ)を怠ると、成犬になってから手に負えなくなってしまい、あげくの果てには保健所に…という例も少なくありません。飼う前に犬に関する知識をしっかり習得しましょう。
運動も犬にとっては欠かせないものです。できれば1日2回は散歩をし、時間がある日には公園やドッグランで羽根をのばして遊ばせてあげましょう。運動不足になると肥満になるばかりでなく欲求不満になって人に噛みつくこともあります。
以上のような犬の世話をきちんとできるかどうか、前もって考えておきましょう。

■住める環境づくり

犬を飼う 世話をする意欲や知識があっても「住める環境」がなければ犬を飼うこうはできません。最近では「ペット相談」や「ペット可」のマンションも多くなっています。とはいえペット不可のマンションに比べて妥協しなければならない点は多いですが、そこは新しい家族のため。ペット不可のマンションやアパートでこっそり飼って見つかってしまい、愛犬を手放すか引っ越すかの選択になってしまっては大変です。気をつけましょう。
家の中で飼う場合、サークルやケージで一定の寝場所を決めなければならないので、そのスペースがあるかどうかも検討しましょう。大型犬を家の中で飼う場合は、かなりの広さがないとストレスの原因となるので気をつけましょう。

■もしものことを考えて

犬を飼う 新たに犬を飼う際には、まず住居・食事・ケアのグッズなど生活用品が必要となりますが、それに加えて市区町村へ「犬の登録料」も払わなければなりません。また、日本では、毎年1回狂犬病の予防接種を受けることが義務化されています。さらに、フィラリアの予防薬や伝染病予防のワクチンも摂取することも義務化されており、子犬時代は比較的出費は多くなります。
成犬になってからも健康維持のために食費や生活用品、おもちゃなどの出費は必須ですが、さらに年齢を重ねていくと、徐々に体の機能が弱まっていき、健康に気を使っていても突然思いがけない病気が発病することもあり、その際には当然治療費が必要となってきます。
現在ではペット用の保険も存在しますが、人間の保険に比べると負担額は高いので、手術が必要な重い病気になってしまった際には数万円以上の費用が必要となる場合もあります。そうのような緊急事態が起きても、治療費が払えるだけの経済的な余裕を持っておく必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

犬を飼う準備

犬を飼う前に

子犬を探しにいこう!

子犬が家にやってくる!

Copyright (C) Inu-mall All rights reserved.