犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 皮膚・被毛がおかしい

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

皮膚・被毛がおかしい

スポンサーリンク

皮膚・被毛の病気事典で調べる

犬の体はデリケートな皮膚で覆われています。皮膚の役割は、体からむやみに水分を奪われないように、また、いろいろな有害物質や細菌などから守る役目も果たしています。
また、皮膚には感覚器としての役割もあり、周囲のようすを感じ取る役目も果たしています。
犬には比較的多い脱毛や皮膚の化膿は、皮膚に原因がある場合や体全体の病気など原因はさまざまです。しかしそのなかでも部分的な脱毛は脱毛症の可能性が高く要注意です。その他、一般的に言われる皮膚病には皮膚がべとべとしたりカサカサになる「脂漏症」や、皮膚が化膿してかゆくなる「膿皮症」があります。

かゆみを感じている時は

皮膚の病気に気をつけよう 痒がっているときに疑われるのは、ストレス性皮膚疾患やアレルギー性皮膚疾患などの皮膚疾患のほかに、カイセン症(ヒゼンダニの寄生)や毛包虫症(ニキビダニ)・ツメダニ症などのダニの寄生またはノミの寄生による皮膚炎、さらには遺伝による皮膚過敏症などの体質によるものなどが考えられます。まれに肝機能不全などによるかゆみが発症する場合もあります。一部分だけを痒がっている場合でも同じことが考えられますが、全身を痒がっている場合には症状が進行していることが多いようです。

体臭が強くなった

体臭のもとは皮膚の細胞から分泌される脂です。ですから、食事次第で体臭が変化することもありますが、かゆみなどを伴っている場合は、皮膚の病気が考えられます。菌の感染や皮膚炎などが発症して化膿すると悪臭を放ちます。
皮膚の病気が多い犬種として、コッカーやシーズーが挙げられますが、よくみられるのは、皮膚がべとついたりかさついたりする「脂漏症」です。これは、皮膚から脂が異常に出たり皮膚が角質化する病気です。

フケが多くなった

フケとは皮膚の角質が削げ落ちたものなので、この角質が多くなるということは皮膚になんらかの異常が発生している場合があります。原因としては、シャンプーやリンスが肌に合わないような病気以外のことから皮膚炎までさまざまですが、シャンプーなどを変えても改善しない場合は皮膚の病気が疑われます。

皮膚の色がおかしい

普段の色をしっかり観察することにより皮膚の異常をいち早く察知できます。皮膚がいつもより赤いと感じた場合は食べ物などによるアレルギー、またはノミをはじめとする寄生虫などによる疾患などが考えられます。また、肝臓の機能に異変が起きると全体的に黄色くなります。顔色が悪い、または白っぽいような時には貧血が考えられます。いずれにしても肌の色が全体的に変化した場合は早急に動物病院へ連れて行くことが重要です。

毛がベトベトする

体質的なものや悪い油を使った食べ物を食べた場合に症状が出る場合もありますが、よくみられるのは脂漏症です。油性のものはベトベトした症状が見られ、乾性のものは皮膚がカサカサするのが特徴です。アレルギー性皮膚炎などの病気によって分泌が過剰になってベトベト感が増す場合もあるので注意が必要です。

抜け毛が多い

全体的に抜け毛が多い場合はシャンプーやリンスによる刺激でおこる皮膚炎、ノミなどの寄生虫による皮膚炎またはアレルギー性皮膚炎などが考えられますが、犬の衣類やアクリルなどの寝具などによって異常に毛が抜ける場合もあります。

部分的な脱毛

脱毛の原因にはさまざまなものがありますが、考えられるのは皮膚炎を起こしていることやダニなどの寄生によりかゆみが発生して舐めたりかき壊したりすること、さらには副腎皮質機能亢進症甲状腺機能低下症などのような内分泌の異常も考えられます。
また、カビによる皮膚病が発症した場合も部分的な抜け毛が見られるようになります。

 > 皮膚の病気事典

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。