犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 目の病気・眼球の異常など

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

目の病気・眼球の異常など

スポンサーリンク

目・耳の病気事典で調べる

犬の目は人間と違って地面に非常に近いところにあるので、砂ぼこりやごみなどの細かなほこりが入りやすい特徴があります。そのため、人間に比べると目の病気になる確率が高くなります。
目の病気を知る手段としては、目やにの量があります。目やにが出る原因は主に、角膜が傷ついたり炎症をおこす角膜炎や、まぶたの内側にある結膜の異常や炎症(結膜炎)などが最初に考えられます。そのほかに逆さまつげや感染症なども考えられます。
同じ目やにでも、乾燥していて黒っぽいいつもよく見られるような目やにと、ドロドロしていて膿のような目やにがあります。結膜炎をはじめ、上記の病気にかかっている場合は、ドロドロした膿っぽい目やにが多く見られるので、普段から目のまわりを清潔にしつつチェックすることが重要です。
また、涙が止まらないときは、涙小管という機能に障害がおきてしまう流涙症が主に考えられます。
この他にも目の病気の症状は多種に渡りますが、異常を感じた場合は絶対に人間の目薬を使用しないで、獣医さんに見せてから治療をするようにしましょう。

目やにの質や量に注意 やたらと目を気にする場合
痒そうに何かの建物などに目をこすりつけようとしたり、脚でこすっている時は、何らかのアレルギー性の目の疾患または結膜炎などが発症している可能性があります。
また、瞬きが異常に多い場合は痛がっている可能性があるので重篤な病気(緑内障・ブドウ膜炎など)も考えられるので注意が必要となります。

いつもより目やにが多い場合
目やにが異常に多いと感じた場合は、単に目やの多さを見るのではなく、質感(乾燥しているか、湿っているか)や色(緑色・黄色など)をチェックします。
湿っていてドロドロとした感じの目やにが頻繁に多く出る場合は、角膜炎などの視力障害に繋がりかねない病気になっている可能性があります。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。