犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 遺伝でおきやすい病気

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

遺伝でおきやすい病気

スポンサーリンク

遺伝による犬の病気 大昔から人間と共に生活をしてきた犬は、種類によって使役目的がそれぞれ違います。人は少しでも優秀な特性を持つ犬を作り出していくために、伸ばしたい能力を持った犬同士を長い年月をかけて何度もかけ合わせて繁殖し、それぞれの目的に沿った新しい形態の犬を自分勝手に作り上げてきました。そのため、長所だけでなく短所も遺伝的に濃くなってしまい、外見のおける形態の異常や、どうしても防止できない遺伝的な病気が出てしまうことが多々あります。
特に人気犬種においては、世の中の市場の原理によって質よりも量を重視し、乱造してしまいます。体質に弱い面があったり性格に問題があったり、本来の犬種の外見からかけ離れた顔をしている犬でさえも質の悪いブリーダーは繁殖に使ってしまいます。ですので、流行している人気犬種を入手する場合は、ペットショップやブリーダーのことも入念に調査してから購入したほうが無難です。
また、海外の珍しい犬種を購入する場合には、その犬特有の遺伝病についての知識をしっかりと見つけてから飼い始めましょう。軽率に飼ってしまうことは犬にとって大変不幸なことになるので、飼い始めるときは、念には念を入れて慎重になりすぎるくらいがちょうど良いくらいです。
遺伝的に見られる病気を系統別に分けると以下のようになります。

皮膚の病気

皮膚には「バリア機能」というのがあり、これが弱いと皮膚炎などの病気になりやすく、また治りにくい傾向があります。皮膚に問題がある犬を繁殖に使った場合はそのような問題がおきやすくなり、ある程度年齢を重ねると全身性難治性の皮膚炎などを発症してくることもあります。遺伝が深くかかわっているとされる皮膚系疾患を列挙します。
 > 遺伝でおきやすい犬の病気 皮膚系

循環器系の病気

中枢神経系に問題がある場合や心臓や血管などに先天性の異常がある場合、循環不全などの原因となる場合があります。遺伝による循環器系の病気で多いものを列挙します。
 > 遺伝でおきやすい犬の病気 循環器系

筋肉や関節の障害

生まれながらにして持っているもので多くみられる関節・骨格・筋肉系の疾患を列挙します。
遺伝でおきやすい犬の病気 筋肉・関節系

目の病気

視覚または眼球に異常がみられるようになっていく遺伝的な目の疾患を列挙します。
 > 遺伝でおきやすい犬の病気 目の病気

神経の病気

遺伝的な神経系器官の異常からくることが多い神経の病気を列挙します。
 > 遺伝でおきやすい犬の病気 神経系

呼吸器系の病気

親から受け継いだ呼吸器が原因で病気になってしまうことが多い呼吸器系の病気を列挙します。
 > 遺伝でおきやすい犬の病気 呼吸器系

ホルモンの異常

ホルモン分泌が生まれつき尋常ではないといったような、内分泌系疾患を列挙します。
 > 遺伝でおきやすい犬の病気 内分泌系・ホルモン

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。