犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 遺伝でおきやすい病気 > 循環器系の病気

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

遺伝でおきやすい循環器系の病気や疾患

スポンサーリンク

遺伝性ヒス束狭窄(いでんせいひすそくきょうさく)

心房と心室の伝達が遮断されてしまい、心臓が鼓動する際の拍動に異常になってしまう症状です

拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)

心臓壁がうすくなることによって心室が拡大しまう病気です。心臓の鼓動であ拍動の動きが弱くなります。

冠状動脈炎(かんじょうどうみゃくえん)

心臓の動きが低下する病気で、血管の炎症により心臓の筋肉に栄養を送る力が弱まり、うまく血液が循環しない病気です。

三尖弁形成不全(さんせんべんけいせいふぜん)

心臓にある三尖弁という箇所が変形し、弁としての機能が弱まり、右心室から右心房へ血液が逆流してしまう病気です。血液の循環が悪くなります。

持続性心房停止(じぞくせいしんぼうていし)

心臓の心房部分が拡張してしまうことにより心臓の収縮力が弱まって、拍動に支障をきたす病気です。

心内膜症(しんないまくしょう)

うっ血性の心不全が引き金になって発症することが多く、心臓弁が炎症して変形して血液が逆流したり循環不全を引き起こしてしまう病気です。

心房心室中隔欠損(しんぼうしんしつちゅうかくけっそん)

先天的に心房間や心室間にある隔壁というところに穴が開いていることがあります。その場合、うっ血性心不全などのような循環不全の病気になってしまうことがあります。

僧帽弁形成不全(そうぼうべんけいせいふぜん)

心臓の僧帽弁というところが変形してしまうことにより弁が本来の役目を果たせずに、血液が逆流して左心室から左心房へ流れ込んで循環不全を起こすことです。

大動脈弁狭窄(だいどうみゃくべんきょうさく)

大動脈弁は普段、心臓から送り出した血液の逆流を防ぐ役割をしています。その大動脈が狭窄(せまくなってしまうこと)を起こしてしまうと血液の障害が起こります。突然死亡してしまうこともあります。

デュシェンヌX連鎖性筋ジストロフィー性心筋症

ゴールデンレトリバー筋ジストロフィーとも呼ばれる病気で、生後8週を過ぎてから発症するとてもやっかいな病気です。進行すると循環不全になって死に至ります。

ファロー四徴症

肺動脈狭窄と大動脈の変位および心室中隔欠損、右心室肥大の4つの心臓障害が合併して発生する、ても重い心臓病のことです。

腹膜心膜ヘルニア

心膜と腹膜がくっついてしまう病気です。痛みを伴った呼吸困難などがおこってしまいます。

ボクサー心筋症

ボクサー特有の病気で、不整脈が原因で起こるうっ血性心不全のことです。重度な場合には失神したり死に至る場合もあります。

本態性高血圧

生まれつき血圧が高い犬のことを指します。ハスキーやグレーハウンドなどでよく見られる症状です。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。