犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 遺伝でおきやすい病気 > 皮膚の病気

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

遺伝でおきやすい皮膚の病気

スポンサーリンク

亜鉛反応性皮膚炎

亜鉛の量が多すぎたり足りなくなったりすると皮膚に異常がみられるようになります。多すぎると皮膚炎の原因となり、足りない場合は足・鼻に角化が起こる場合があります。

犬良性家族性慢性天ぼうそう

皮膚病の一種で、自己免疫性疾患と関連しています。脱毛が広範囲におこり、膿が出たりかゆがったりする症状がみられます。

遺伝性貧毛症

生まれつき毛がほとんどない状態で、成長しても毛が生えない病気です。

ウエスティ表皮形成異常

悪化するとアルマジロの背中のように硬くなることから「アルマジロウエスティ症候群」ともよばれています。マラセチアによって皮膚炎をおこす病気です

エーレルス・ダンロー症候群

皮膚が弱くなってしまうことから皮膚無力症とも呼ばれています。
結合組織の産生を抑制する遺伝子の異常により、結合組織が異常にもろくなってしまい、関節や骨に異常がみられ、内臓も弱い子ができてしまうことをいいます。

カラー・ダイリューション脱毛

細菌の感染によって毛包炎が発生し、毛色の薄い部分に脱毛がおこる病気です。

魚鱗癬(ぎょりんせん)

皮膚病の一種で、脂漏することによって皮膚が角化してしまう病気です。魚のうろこのようなカサカサが見られることからこのような名前で呼ばれています。家庭では病気を判断することは難しく、単なるアレルギー性の皮膚炎などと勘違いしやすいので注意が必要です。幼犬時代に発症することが多い病気です。

原発性脂漏症

脂漏により異臭が発生する病気です。ふけなどが多くなり体から匂いが発生します。皮膚が悪くなっているときに細菌などが発生することにより二次感染も起こってしまうことがあります。

原発性リンパ水腫

リンパの流れに異常が起きてしまう病気です。むくみが生じたり脱毛したりすることがあります。

黒色被毛毛包形成不全

黒と他の色の毛色の犬に起こる病気で、黒い毛だけ脱毛してしまう病気です。

コリー突発性潰瘍性皮膚炎

水泡や炎症が起こる病気です。肛門・陰部・鼠径部・脇などの通気性の悪い箇所におこりやすい病気です。

耳介脱毛症

耳介限局に脱毛が起こる病気です。

肢端皮膚炎

足の肉球や皮膚が赤く腫れあがったり炎症ができる病気です。

全身性毛包虫症

イヌニキビダニのしわざで発症する皮膚炎です。全身にわたって発症し、膿がでたり毛包炎になってしまう場合があります。

足毛包虫症

イヌニキビダニによる皮膚炎で、全身ではなく足のみに発症した場合はこう呼びます。

体幹性日光皮膚炎

日光に含まれる紫外線が原因で皮膚炎になってしまうことです。

テストステロン反応性皮膚炎

去勢された雄犬にまれに発生する病気で、脱毛が左右対称におこります。

パターン脱毛

繰り返し同じような柄の脱毛がおこった場合にこう呼んでいます。

鼻色素脱失

鼻鏡が成長とともに脱色していく症状のことです。

ピシオーシス

潰瘍性の皮膚炎のことで、水性真菌の特異反応によっておこる病気です。

ビタミンA反応性皮膚炎

ビタミンAの不足が原因で起こる皮膚の病気で、重い脂漏を引き起こします。

フルンケル症

慢性的に口唇の周辺にかゆみが発生します。赤く腫れることもあります。

べんち性皮膚炎

切り傷などに皮膚の組織が過剰反応して皮膚が過剰気味に再生してしまうことで、悪化すると潰瘍になる場合もあります。

ミニチュアシュナウザー表在性化膿性壊死融解性皮膚炎

一過性におこる皮膚炎で、シャンプーなどが肌に合わない場合に起こる皮膚の病気です。発熱や膿がみられます。

毛包錯角化症

先天性の皮膚の角化障害で、重度の脂漏がみられます。

落葉状天ぽうそう

自己免疫疾患(異なる異物を排除するための免疫が自分の正常な細胞や組織に対して過剰に反応し攻撃してまうこと)で、顔面に膿ができたりする皮膚炎です。重度になると全身にみられるようになります。

ロットワイラー毛包性リピドーシス

ロットワイラー特有の病気で、赤みを伴った点状脱毛が数箇所に見られるのが特徴です。

ワールデンブルグ・クライン症候群

メラニン色素が足りなくなってりまった時に起こる病気です。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。