犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 神経の病気事典 > 椎間板ヘルニア (ついかんばんヘルニア)

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

椎間板ヘルニア (ついかんばんヘルニア)

スポンサーリンク

★原因・症状

椎間板ヘルニアとは、脊髄を圧迫する病気で、背骨と背骨の間にある堆円板の核の部分や円板が変形して飛び出した状態のことをいいます。
症状としては、背骨に近い部分を触ると痛がる、歩き方がいつもと違う、抱くと泣いたり嫌がったりするなどが挙げられます。排便や排尿に異常が見られた場合は症状が進行している場合があるので注意しましょう。

★対策・治療

ダックスフンドをはじめ、短足で胴が長い犬種に最も見られる病気です。対策としては、階段の昇り降りなどはなるべく避け、特に過度な運動、または運動不足なのに急激に運動をしないように気をつけましょう。
発症が疑われる場合には、迷わず動物病院に行って適切な処置をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。