犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 皮膚の病気事典 > 脂漏性皮膚炎 (しろうせいひふえん)

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

脂漏性皮膚炎 (しろうせいひふえん)

★原因・症状

脂漏性皮膚炎とは皮膚脂肪が炎症をおこした状態のことをいいます。脂漏にもさまざまな原因があり、遺伝的・体質的といったものから代謝吸収の異常など病的に発症する場合などさまざまです。
脂漏そのものにもいくつかの種類があります。皮膚が乾いてフケがいつもより多めに出たり、軽度の脱毛が続き被毛がまばらになる「乾性」、なんとなく油っぽくなってベタついたような感があり、体臭がキツくなる「油性」、乾性・油性の両状態から見た目でわかるほど皮膚の炎症が進み、かゆみも伴った状態の「皮膚炎性」の3つに大きく分かれます。また、さらにその状態から悪化すると、皮脂腺の分泌が異常になり重度の皮膚炎になっていきます。

★対策・治療

自宅でできるケアとしては、殺菌効果の強い薬用のシャンプーを使用して皮膚を清潔に保ちましょう。そのうえで獣医師などの内科的治療によってかゆみや炎症を抑えるといくのが一般的です。また、抜本的に改善するためには食事の改善が重要となります。獣医師とよく相談して食事を考えましょう。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。