犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 皮膚の病気事典 > 原発性突発性脂漏症(げんぱつせいとっぱつせいしろうしょう)

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

原発性突発性脂漏症(げんぱつせいとっぱつせいしろうしょう)

コッカーやシーズーなどに多く発症する遺伝性の病気です。発症すると皮膚がベタついた状態が続いてフケが多くでたり脂漏状態が続きます。 症状が続くと独特の臭いが強くなり、かゆみもともなうので掻き壊して化膿して皮膚炎を引き起こすこともあります。

★対策・治療

掻き壊す前に病院に行ってきちんとケアをする方法を相談しましょう。基本的には薬用シャンプーをしようしてコンディションを清潔に保つことが重要となります。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。