犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 皮膚の病気事典 > アレルギー性皮膚炎

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

アレルギー性皮膚炎

スポンサーリンク

★原因・症状

皮膚炎とは、皮膚への刺激に過敏に反応して炎症を引き起こすことです。内因性因子的な遺伝的因子や自己免疫性疾患などによるものと、外因性因子なハウスダスト・花粉・動物のフケまたは食べ物、さらには皮膚から侵入した刺激物の化学物質、ノミ・ダニ・フィラリア類などの寄生虫などが引き金になって発症します。
ノミのアレルギーは、ノミが血を吸う際に吐き出す唾液が刺激物となってアレルギー反応を起こすものです。また、食べ物によるアレルギーは、食べ物の中に入っている添加物やタンパク質、またはその犬特有のアレルギー反応を起こす物質に対して過敏に反応してしまってひき起こるものです。人間が食べているパンや肉などを気軽に食べさせてひき起こる場合もあります。
症状としてはやはり激しいかゆみとともに皮膚が赤くなり湿疹が現れることもあります。さらにフケも多くなることがあります。治らずに慢性化してしまうと掻き壊して皮膚の炎症が悪化してただれてきます。
多くの場合は耳・脇・内股などの蒸れやすい場所で発症します。発症してしまうと、さまざまな要素に過敏に反応してしまうようになり、新しいアレルギー症状があらわれることもあるので気をつけましょう。

★対策・治療

治療方法として一般的なのは、主にビタミン剤などの飲み薬を処方することです。飲み薬によって皮膚の新陳代謝を促して皮膚を再生させます。
外的な治療方法としては、薬用シャンプーを使用して皮膚の痒みを抑え、掻き壊したり悪化するのを防ぎます。バブルバスに入浴して毛根の汚れを取り除く治療法もあります。
対策としては、普段の様子をしっかりとチェックすることで、何が原因でアレルギーをひきおこしているかを把握し、原因となる食べ物などを摂取させないようにします。また、できるだけ人間が食べているものは与えないようにして、栄養素の高いドッグフードをあげるようにしましょう。ドッグフードに関しても、入っている成分によってはアレルギーを引き起こすので、アレルギーをおこした場合は動物病院で検査して何の成分が怪しいかを突き止めるようにしましょう。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。