犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 皮膚の病気事典

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

皮膚の病気事典

スポンサーリンク

亜鉛反応性皮膚炎
あえんはんのうせいひふえん
亜鉛の過不足によって起こる病気です。
アレルギー性皮膚炎
アレルギーせいひふえん
皮膚へのなんらかの刺激によって炎症をおこす病気です。自己の免疫性によるものとハウスダスト・花粉・食べ物などの外因的要素による原因があります。
犬良性家族性慢性天ぼうそう
いぬりょうせいかぞくせいまんせいてんぼうそう
遺伝によって起こる皮膚病の一種です。
遺伝性貧毛症
いでんせいひんもうしょう
遺伝が原因で毛が少ない・生えない症状のことをいいます。
ウエスティ表皮形成異常
ウエスティひょうひけいせいじょう
ウエストハイランドホワイトテリアによくある疾患です。マラセチアという名の菌が原因で発症します。
エーレルス・ダンロー症候群 遺伝子の異常により、ささいな出血でも止まらなかったり、ねんざや脱臼が起きやすかったり皮膚が弱い子供ができてしまうことです。
エリテマトーデス 自己免疫のバランスが崩れることによってひき起こる病気です。
カイセン症 ヒゼンダニが皮膚の中に入ってどんどん増殖することによって引き起こる病気です。
カビによる皮膚病 人間にも感染する真菌やマラセチアなどのカビによる皮膚病です。
カラー・ダイリューション脱毛 毛色の薄い部分が脱毛する症状です。
魚鱗癬
ぎょりんせん
魚のうろこのようなカサカサが現れる皮膚病です。
シュナウザー面庖症候群
シュナウザーめんほうしょうこうぐん
シュナウザーによく見られる遺伝的な皮膚疾患です。
脂漏症
しろうしょう
皮膚がベトベトする油性脂漏症と、皮膚がかさつく乾性の脂漏症があります。シーズーやコッカースパニエルによくみられる病気です。
原発性突発性脂漏症
げんぱつせいとっぱつせいしろうしょう
ベタベタするのが特徴の皮膚病です。異臭もあります。
脂漏性皮膚炎
しろうせいひふえん
皮膚脂肪が炎症をおこした状態を皮膚炎といいますが、そのなかでも毛がベトベトしたりする症状の病名です。
ツメダニ症 「イヌツメダニ」というダニの寄生・増殖によって発症する皮膚炎のことです。
脱毛症 一般的な皮膚病の呼び名で、アレルギー性・感染症・ホルモン異常などが原因で、異常に体毛が抜けることです。
天疱瘡
てんほうそう
自己免疫性皮膚炎の別名です。自己免疫力に障害が発生した場合におきる皮膚病です。
膿皮症
のうひしょう
菌の異常発生による皮膚の化膿によってひきおこる皮膚病です。かゆみのために掻き壊して脱毛などが見られるようになります。
ノミの寄生による皮膚炎 犬の毛の中でノミが繁殖して増えてしまった場合などに起こる皮膚炎です。
ビタミンA反応性皮膚炎 遺伝的におこる皮膚病です。ビタミンAが欠乏した時に発症します。
皮脂腺炎
ひしせんえん
皮脂腺の分泌に狂いが生じることによって引き起こる炎症や脱毛などの病気です。
皮膚糸状菌症
ひふしじょうきんしょう
弱った皮膚などにいる菌が増殖して炎症などが引き起こる病気です。
マラセチア感染症 マラセチア菌とういう真菌が増殖しすぎて発症する病気です。

毛包虫症
もうほうちゅうしょう

犬毛包虫(別名イヌニキビダニ)が体内に寄生することで引き起こる皮膚炎の呼び名です。
類苔癬乾癬状皮膚炎
るいたいせんかんせんじょうひふえん
イングリッシュスプリンガースパニエルにある遺伝的な皮膚病です。
類天疱瘡
るいてんほうそう
コリーやシェットランドシープドッグに遺伝的に起こりやすい自己免疫性の皮膚病です。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。