犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 目・耳の病気事典

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

目・耳の病気事典

スポンサーリンク

外耳炎
がいじえん
外耳口から鼓膜までにある外耳道に炎症が起きる目の病気です。
角膜炎
かくまくえん
眼球の一部「角膜」に炎症が起きる目の病気です。
角膜裂傷
かくまくれっしょう
角膜に傷がついた状態。傷が深いと傷口から眼球の中にあるものが飛び出ます。
角膜潰瘍
かくまくかいよう
角膜の損傷が悪化して、角膜に潰瘍ができることです。
乾性角結膜炎(ドライアイ)
かんせいかくけつまくえん
涙の分泌量が減少して炎症をおこす病気です。
眼球突出
がんきゅうとっしゅつ
怪我などによって眼球がまぶたの外に飛び出した状態のことをいいます。
眼球破裂
がんきゅうはれつ
眼球の怪我なでによって角膜などが完全に破裂してしまった状態です。
眼瞼炎
がんけんえん
眼瞼とは「まぶた」です。まぶたの周辺が腫れる病気のことです。
眼瞼外反症
がんけんがいはんしょう
セントバーナードの遺伝子的おこりやすい病気です。まぶたが外側に反転する疾患です。
眼瞼内反症
がんけんないはんしょう
まぶた・まつげが眼球側に反転する疾患です。
眼底出血
がんけていしゅっけつ
網膜の表面の血管が破れておこる出血です。
結膜炎
けつまくえん
目の病気のなかでは最もポピュラーな病気です。アレルギーや細菌などによって目が痒くなった時にこすりすぎて、目に炎症が起きることです。
コリーアイ
コリーやシェットランドシープドッグにある目の疾患で、親からの遺伝などによって見られる眼球の強膜の欠損や形成不全などをいいます。
耳介皮膚炎
じかいひふえん
アレルギー反応などによっておこる皮膚炎が耳介にできることです。
耳血腫
じけっしゅ
耳介の皮膚と軟骨の間が傷ついて腫れあがる症状です。
耳垢腫
じこうしゅ
老犬に発症しやすいイボ状の腫瘍です。外耳炎などの病気の原因にもなります。
進行性網膜萎縮
しんこうせいもうまくいしゅく
網膜が萎縮して動かなくなった状態です。
水晶体脱臼
すいしょうたいだっきゅう
水晶体を支えている靭帯が切れて水晶体がずれることです。
チェリーアイ 第三眼瞼腺という組織が赤く膨張して外に飛び出す病気です。
中耳炎
ちゅうじえん
中耳腔に生じる炎症です。細菌感染などのほかに、外耳炎が悪化して起こるケースもあります。
ツメダニ症 「イヌツメダニ」というダニの寄生・増殖によって発症する皮膚炎のことです。
天疱瘡
てんほうそう
自己免疫性皮膚炎の別名です。自己免疫力に障害が発生した場合におきる皮膚病です。
東洋眼虫症
とうようがんちゅうしょう
1cm位の大きさの東洋虫という虫が、眼球の中の涙の中に寄生して繁殖しておこる病気です。
内耳炎
ないじえん
主に中耳炎などによって、炎症が中耳と内耳を隔てている正円窓とら卵円窓が内耳まで波及する病気です。
難聴
なんちょう
先天的に聴覚に必要な器官に欠損や形成不全などがある場合や、鼓膜の損傷などの後天性な原因の場合があります。
ビタミンA反応性皮膚炎 遺伝的におこる皮膚病です。ビタミンAが欠乏した時に発症します。
皮脂腺炎
ひしせんえん
皮脂腺の分泌に狂いが生じることによって引き起こる炎症や脱毛などの病気です。
皮膚系状菌症
ひふいとじょうきんしょう
弱った皮膚などにいる菌が増殖して炎症などが引き起こる病気です。
ブドウ膜炎
ぶどうまくえん
虹彩・毛様体・脈絡膜の総称であるブドウ膜に炎症がおこることです。
ホルネル症候群
ほるねるしょうこうぐん
目の病気で、迷走神経という神経に異常が発生する病気です。
マイボーム線種
まいぼーむせんしゅ
まぶたにできる腫瘍のようなものです。ほとんどが良性のものですが、これが原因で目を擦ったりして炎症をおこすことがあります。
睫毛異常症
まつげいじょうしょう
まつげが異常な方向に生えたり、変な場所から生えてきてしまう症状です。
マラセチア感染症 マラセチア菌とういう真菌が増殖しすぎて発症する病気です。

毛包虫症
もうほうちゅうしょう

犬毛包虫(別名イヌニキビダニ)が体内に寄生することで引き起こる皮膚炎の呼び名です。

網膜剥離
もうまくはくり

網膜が本来くっついている脈絡膜から剥がれてしまう疾患です。

流涙症
りゅうるいしょう

涙の分泌量が増えすぎたり、涙鼻管が詰まることによって引き起こる症状で、涙の量が異常になる症状です。
緑内障
りょくないしょう
眼球内の圧力が高まって視神経が圧迫されて視野が狭まっていく病気です。
類苔癬乾癬状皮膚炎
るいたいせんかんせんじょうひふえん
イングリッシュスプリンガースパニエルにある遺伝的な皮膚病です。
類天疱瘡
るいてんほうそう
コリーやシェットランドシープドッグに遺伝的に起こりやすい自己免疫性の皮膚病です。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。