犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 遺伝性の病気 > マルチーズなど

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

種類別・犬の病気と日常のお手入れ(マルチーズ・柴犬・パグ・キャバリア・ラブラドール)

スポンサーリンク

■マルチーズ

マルチーズの病気

犬の病気 マルチーズ 遺伝的な病気で見られるのは、水頭症眼瞼内反症緑内障、マラセチア感染症、犬ふるえ病などがあります。また、歯が小さいので歯の病気になりやすい傾向があります。

マルチーズのお手入れ

マルチーズは基本的に歯が小さく根が浅いため、歯の病気になる可能性が高いので、小さい頃から歯磨きをきっちり行いましょう。 また、外耳炎にかかりやすいので、耳の掃除もこまめに行ったほうが良いでしょう。

■柴犬

柴犬の病気

犬の病気 柴 柴犬の遺伝的な病気として見られるのは、アレルギー性皮膚炎、皮膚疾患、甲状腺機能低下症緑内障などがあります。

柴犬のお手入れ

柴犬は短毛なのでブラッシングに神経質になる必要はありません。しかし、換毛期には驚くほど毛が抜けます。部屋が毛だらけになってしまうので、なるべく毎日ブラッシングしてあげましょう。
活発な犬種なので、ストレスを溜めないように日頃の散歩など、運動を適度に行うことも大切です。

■パグ

パグの病気

犬の病気 パグ 遺伝的な病気でよく見られるのは、パグ脳炎眼瞼内反症、眼球突出、軟口蓋過長症、熱中症などがあります。特に暑さに弱いので夏場は熱中症にならないように注意しましょう。

パグのお手入れ

パグの体にはシワが多いので、体が濡れたら細かく水分を拭き取ってあげましょう。濡れたままだと体が冷えて体調を崩したり皮膚病になってしまうので注意が必要です。特にシワのある部分は、中までよく乾燥させて清潔にしましょう。
また、眼の病気にもなりやすい傾向があります。目やにはコマメに拭き取ってあげるなどお手入れをきちんとてあげましょう。

■キャバリア キングチャールズスパニエル

キャバリアの病気

犬の病気 キャバリア 遺伝的な病気として見られるのは、魚鱗癬眼瞼内反症白内障心内膜症などがあります。特に多発する傾向にあるのは心内膜症で、キャバリアの過半数近くが持ち合わせている遺伝病です。

キャバリアのお手入れ

抜け毛が非常に多いのが特徴ですが、日常の手入れをきちんとさえすれば定期的に美容院でトリミングをする必要はありません。毛玉をつくらないように毎日ブラッシングをしましょう。
耳が長くて垂れているので、耳の掃除をコマメにする必要があります。また、眼が大きくゴミが入りやすいので気をつけましょう。

■ラブラドール レトリバー

ラブラドールの病気

犬の病気 ラブラドールレトリバー遺伝的な病気としては、三尖弁形成不全、巨大食道症、緑内障肺動脈弁狭窄眼瞼内反症亜鉛反応性皮膚炎などが見受けられます。

ラブラドールのお手入れ

被毛の手入れに関しては、1日1回程度のブラッシングで問題ないでしょう。
運動量が豊富なラブラドールですが、アスファルトで走り回るのは脚を痛める原因になるので、激しい運動をするときは芝生の上など柔らかい地面を選びましょう。
耳が垂れているので耳そうじはコマメに行いましょう。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。