犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 遺伝性の病気 > ダックスなど

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

種類別・犬の病気と日常のお手入れ(ダックス・チワワ・トイプードル・ヨーキー・パピヨン)

スポンサーリンク

■ダックス フンド

ダックス フンドの病気

犬の病気 ダックス フンド ダックス フンドは肥満や過激な運動が原因で椎間板ヘルニアになるケースがよく見られます。そのほかには外耳炎などの皮膚病や、甲状腺機能低下症副腎皮質機能亢進症になる子もいるので気をつけましょう。外耳炎を防ぐには、耳の掃除をこまめにすることが効果的です。

ダックス フンドのお手入れ

スムースヘアードは体臭も少なく、被毛の手入れも簡単ですが、ロングヘアードとワイヤーヘアードは毎日ブラッシングやコームを使って毛すきを欠かさないようにします。耳やしっぽの毛をとかし、毛並みをととのえます。

■チワワ

チワワの病気

犬の病気 チワワ 可愛いからといって甘やかすとすぐに肥満になるので注意しましょう。チワワによくみられる病気は、目の病気では角膜炎(乾性が多い)・緑内障、内臓系では心内膜症肺動脈狭窄症、その他では水頭症停留睾丸などがあります。

チワワのお手入れ

他の犬に比べて体臭が少し強い傾向があります。月に1回位シャンプーをするのが良いでしょう。時期に関係なく約40℃のぬるま湯で洗いましょう。ロングヘアーのチワワはこまめに毛をすいてあげましょう。スリッカーを使うと楽に余分な下毛を取ることができます。寒さには比較的弱いので、冬は暖かくしてあげましょう。

■プードル

プードルの病気

犬の病気 プードル 比較的病気には強い犬種といわれていますが、病気にならないとは限らないので油断はしないようにしましょう。プードルにみられる主な病気は、目の病気では白内障内眼角のう症候群進行性網膜萎縮。その他では拡張型心筋症・甲状腺機能低下症などがあります。

プードルのお手入れ

毛が伸びるのが速いので1~2ヶ月に1度位はトリミングが必要です。とくに顔の毛を伸ばしたままにしていると、眼の中に毛が入って病気になることがあるので気をつけましょう。抜け毛は少ないので日頃のお手入れは3日に1回ほどで大丈夫です。お手入れをす際には全身の毛をブラシなどですいてあげるのが良いでしょう。

■ヨークシャ テリア

ヨークシャ テリアの病気

犬の病気 ヨークシャ テリア 遺伝的な病気としてよくみられるのは、水頭症副腎皮質機能亢進症レッグ・カルベ・ペルテス病、環軸亜脱臼、停留睾丸などがあります。

ヨークシャーテリアのお手入れ

被毛の美しさが最大の魅力の ヨークシャ テリアですが、その被毛の手入れは結構大変です。こまめにやってあげましょう。毎日ブラッシングをして毛をすいてやらないと毛のコンディションが悪くなってしまい、美容院などにトリミングを依頼した際に別料金を取られることもあります。また、1週間に1回以上は眼や顔のまわりの手入れもしてあげたほうが良いでしょう。

■パピヨン

パピヨンの病気

犬の病気 パピヨン 賢く状況判断もできるのですが神経質な面も強く、アルファ・シンドロームに陥りやすい犬種です。遺伝的な病気としては、黒色被毛毛包形成不全、遺伝性難聴、眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)、白内障などがあります。

パピヨンのお手入れ

パピヨンは下毛がほとんどないので、とてもお手入れが簡単な犬種といえます。とはいえ1日1回ブラッシングはしてあげましょう。毛が伸びてきて気になったら美容院でトリミングをしてもらう程度で良いでしょう。

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。