犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の病気 > 犬の種類別でみた遺伝性の病気

※当サイトはあくまでもご参考としてお読みいただき、
実際の処置や治療に関しましては獣医師および専門家にご相談くださいますようお願い致します。

犬の種類別でみた遺伝性の病気

スポンサーリンク

ダックス フンド

体型的な特徴として、肥満、または過激な運動などによって椎間板ヘルニアになることがあります。皮膚病では外耳炎が多く見られます。先天的なもので甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症を煩う場合もあります。→ダックスフンドの病気

チワワ

チワワは比較的目が乾きやすく、乾性の角膜炎になる傾向があります。そのほかの目の病気としては緑内障が遺伝的にみられます。さらに内臓系では心内膜症・肺動脈狭窄症を遺伝的に煩わせる場合があります。水頭症や停留睾丸も遺伝的に起こりうる病気です。→チワワの病気

プードル

病気にはある程度強い犬種ですが、遺伝的に引き起こす病気もあります。目の病気である白内障や内眼角のう症候群・進行性網膜萎縮などがその例です。また、稀に甲状腺機能低下症を煩う場合もあります。→プードルの病気

ヨークシャ テリア

毛並みが美しく、ドッグショーで大活躍のヨークシャテリアですが、病気になっては美しい毛並みどころではありません。遺伝的な病気なものでは水頭症、副腎皮質機能亢進症、停留睾丸が代表的な病気です。→ヨークシャテリアの病気

パピヨン

精神的に繊細なところがあるのでアルファ・シンドローム(犬が飼い主をリーダー「アルファ」と認識できず、人を問題行動を起こすこと)に気をつけましょう。遺伝的な病気としては耳や目の病気が多く、難聴や眼瞼内反症、白内障などがみられます。
パピヨンの病気

ポメラニアン

目の病気になりやすいところがあります。目の周りはこまめに拭き取ってあげましょう。遺伝的な病気としては流涙症、白内障などの目の疾患をはじめ、停留睾丸や気管虚脱が見られます。→ポメラニアンの病気

シーズー

皮膚の病気になりやすいので、内的な食べ物のチェックから耳周りや手足のまわりの被毛の多い部分は必ずチェックするようにしましょう。ストレスをためないように散歩にもちゃんと連れて行くことも重要です。 →シーズーの病気

ミニチュア シュナウザー

被毛が多いので皮膚病を防ぐためにも毎日の手入れは重要となります。ブラッシングはこまめに行いましょう。ミニチュアシュナウザー特有の先天的な病気として、シュナウザー面疱症候群というのがあります。→ミニチュアシュナウザーの病気

コーギー

ウェルシュコーギーペンブローク・カーディガンともに先天的な病気が顕著に現れることは少ないですが、体型的なことからミニチュアダックス同様椎間板ヘルニアに気をつける必要があります。→コーギーの病気

フレンチブルドッグ

顔のしわが魅力の犬種ですが、そのしわが皮膚病の原因になったりもします。お手入れはきちんと行いましょう。毛は少ないので長毛の犬種ほどナーバスになる必要はありませんが、先天性の目の病気があります。→フレンチブルドッグの病気

マルチーズ

真っ白で鮮やかな被毛ですが、皮膚の病気になってしまっては台無しです。マルチーズは毛が抜けない体質なので、被毛のからみに気をつけましょう。また、状況の変化に強くない種類なので、ストレスがたまっていないかもチェックしましょう。
マルチーズの病気

柴犬

性格同様体も強いタイプなので、気をつけていれば病気に悩まされることはそれほど多くない犬種です。稀に先天的なアレルギー性の皮膚炎などの皮膚病になることがあります。 →柴犬の病気

パグ

毛は短いですが生え変わりが激しいので、ブラッシングは欠かせません。死毛がいつまでも残っていると皮膚病の原因になります。顔のしわの周りも手入れをしないと病気の原因となります。先天的な病気としては目の病気が見られます。
パグの病気

キャバリア

心臓などの内臓系が弱い傾向があり、心内膜症などの先天的な病気がみられることがあります。新たにキャバリアを飼う際には、親や祖先に病気がなかったかどうかをチェックすることが重要です。→キャバリアの病気

ラブラドール

信用のおけるブリーダーを選べば病気に悩まされることは少ない犬種です。人気犬種なので粗悪なブリーダーが疾患のある親を掛け合わせていることがあるかもしれないので、祖先の健康状態までハッキリと教えてくれるブリーダーを選びましょう。→ラブラドールの病気

スポンサーリンク

※実際の治療をする際には専門家や獣医師に相談してください。