犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の種類 > シェットランドシープドッグ

シェットランド シープドッグの全身写真
原産国 イギリス
起源 1700年代
初期のタイプ 羊のハーディング
現在のタイプ 愛玩犬、羊のハーディング
寿命 13~14年
体重 8~9kg
体高 35~37cm

イギリスや北アメリカで高い人気を誇っている優秀な使役犬

世界中で親しまれているシェットランド シープドッグは、その名のとおりシェットランド諸島にいた牧羊犬です。しなやかな毛並みと均整のとれた外観で人びとを魅了しています。

スポンサーリンク

シェットランドシープドッグの歴史

シェルティの顔 シェットランド シープドッグは、ラフ・コリーとスコットランドのシェットランド諸島にいる犬の交配により誕生したものと思われていますが、シェットランド島の厳しい自然環境のなかで、食べ物にも恵まれず、ほそぼそと小動物を食べて生きてきたためあまり当時にしては大きくならなかったようです。
小型の牛や馬や羊がいることで有名なスコットランド北部のシェットランド諸島で家と農場の番をしたり、ネズミを狩ったり羊から庭や畑を守ることが仕事でした。小さい体にもかかわらず、羊の足先を咬んで長時間にわたり羊の群れを追うことができるなど素晴らしい能力をもち、与えられた仕事には熱心に取り組んでいました。性格も良く、丈夫でりこうで機敏で従順なこの犬は、島に来る船乗りにも好かれて連れて帰られたりもしていました。
イギリスで紹介されたのは19世紀の終わり頃で、1909年に正式に登録されました。その後イギリスやアメリカでは常時ベスト10に入る人気犬となり、日本やドイツでも人気がある犬として定番になっています。ドイツでは特にアジリティー愛好家の間で人気があります。

シェットランドシープドッグの性格・しつけかた

シェルティの全身 シェットランド シープドッグは最近では使役犬として使われることは滅多にありませんが、ハーディング・ドッグとしての本能はいまだに忘れていません。その本能は飼い主の家を守ることに発揮してくれます。 賢いのでしつけやすく素直な家庭犬で、運動と遊びが大好きです。飼い主をとことん愛して一緒にいたがります。また、こまやかな愛情と気配りを求めるので、怒りっぽい人や厳格すぎる人などはシェットランド シープドッグに不向きといえるでしょう。
動きが早くてスタミナもありますが、性質は穏やかです。なかには極端に内気な子もいるので幼犬の時から人や騒音に慣れさせた方がいいでしょう。遊んだりするのは得意なので、子供たちにとっては絶好の遊び相手にもなります。アジリティーも得意分野です。

シェットランドシープドッグのおていれ・運動

春などの抜け毛が多い季節はブラッシングを週に2度以上、念入りに手入れを行ないます。運動量が豊富なので散歩はこまめに、近くにドッグランがあれば連れて行ってあげましょう。リードをつけて公園でいっしょに運動するのも快適です。

シェットランドシープドッグの毛色

毛色はセーブルをはじめブラックやブルーマール、トライカラーもあります。また、ホワイト&タンも認められています。

シェットランドシープドッグの出産と子犬

5頭前後の子犬を産みます。生まれてきた子犬は比較的育てやすいほうでしょう。

 > シェットランド シープドッグの体験集

スポンサーリンク

 >> 犬種の一覧を見る