犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の種類 > ペキニーズ

ペキニーズの全身写真 tr>
原産国 中国
起源 7~8世紀(古代という説も)
初期のタイプ 愛玩犬
現在のタイプ 愛玩犬
別名 ペキン・パラストフント
寿命 12~13年
体重 3~6kg
体高 15~23cm

犬よりむしろ猫に近い、なかなか手の内に納めることができない可愛い小悪魔。

綺麗で豊富なコートのペキニーズは、ライオン・ドッグとも呼ばれていました。紀元前から中国王朝で門外不出の神聖な犬として知られていて、中国の貴族達はペキニーズをを袖に入れて可愛がったとも伝えられています。

スポンサーリンク

ペキニーズの歴史

ペキニーズの種類がわかる 豊富なタテガミからライオン・ドッグと呼ばれたり、常に飼い主の袖に置かれていたのでスリープ・ドッグとも呼ばれていたペキニーズの起源は7~8世紀の唐朝か、もっと昔とされています。ペキニーズは中国の王室で尊重され、神聖なものと信じられていました。もしも宮殿内のペキニーズを盗んで捕まったら死刑になったとも言われています。
1800年代にはヨーロッパに渡ったペキニーズですが、そのきっかけは中国で戦ったイギリスの士官が、1860年イギリス軍が北京を占領した時、宮廷に置き去りにされた西太后の愛犬のペキニーズをイギリスへ持ち帰ったことでした。そのうち一頭はヴィクトリア女王に献上されました。 現在ではポピュラーな愛玩犬のひとつとして、世界中で親しまれています。

ペキニーズの性格・しつけかた

ペキニーズの種類がわかる 性格については、犬よりむしろ猫に近く、なかなか手の内に納めることができないといわれています。猫のように気分次第で甘えたりもしますが、愛想をふりまくことはあまりしません。なめてかかるといきなり怒ったりもします。博愛主義ではなく、ただ一人の主人に忠誠するタイプといえます。
ペキニーズは強情な気性、相手を見下したような高慢な態度、どちらかというと遅い動作が特徴のこの犬は、落ち着きと自立心があるので、見ていて愉快な愛玩犬です。中国の伝説には、ライオンと猿が結婚したから、ライオンの威厳と猿の愛嬌を兼ね備えているという話もあります。

ペキニーズのおていれ・運動

ペキニーズの運動トリミングは必要ありませんが、ブラッシングはこまめに行ないます。週に少なくとも3~4回はしたほうがいいでしょう。毛を傷めるのでシャンプーはなるべく避け、クレンジングパウダーで毛の汚れを落とし、霧吹きを使って軽く水で湿らせるといいでしょう。目の病気になりやすいので、なるべく毎日手入れをしてあげましょう。 それほど運動量は豊富ではありませんが、たまには遠出をしていっぱい運動をさせてあげるのもストレス解消になるでしょう。


ペキニーズの毛色

毛色はブラックをはじめブラック&タン・レッド・フォーン、セーブル、ホワイトなど色々ありますが、どのような色でも良いとされています。

ペキニーズの出産と子犬

3頭前後の子犬を産みますが、難産になることが多い犬種です。

 > ペキニーズの体験集

スポンサーリンク

 >> 犬種の一覧を見る