犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の種類 > パピヨン

パピヨンの全身写真
原産国 フランス・ベルギー
起源 1600年代
初期のタイプ 愛玩犬
現在のタイプ 愛玩犬
別名 コンチネンタル・トイ・スパニエル
寿命 13~15年
体重 4~4.5kg
体高 20~28cm

好奇心を旺盛で小型犬ながら自己主張が強いパピヨン。意外と勇敢で頼もしい。

典型的な小型愛玩犬として、おっとりと世間の様子を眺めているように思われるパピヨン。優美な外観がこの犬を弱々しく見せていますが、実際は結構勇敢で頼もしいところがあります。

スポンサーリンク

パピヨンの歴史

パピヨンの種類がわかる 別名バタフライ・スパニエルとも言われているパピヨンの起源についてはあまり明らかではありませんが、パピヨンの祖先は「ちっちゃなスパニエル」と呼ばれていて、イタリアのボルグナを経由してフランスに入ってきといわれています。フランスの上流階級ではとてももてはやされ、かなりの高値で取り引きされていました。また一説によると、パピヨンの体型と長い被毛は、北方スピッツ犬種の地を引いていることを示すとの見方もあります。
中世の貴婦人たちはパピヨン(のような犬)と一緒に肖像画に描かれることを好み、それを誇りにする風潮がありました。また、16世紀には、フランスの宮廷で小型のスパニエル犬が流行っていたとの記録もあり、マダム・ポンバドールやマリー・アントワネットもこの犬を可愛がっていたと伝えられています。そのマリー・アントワネットは、愛犬とともに死刑台に上がったと言われています。
裕福な特権階級に寵愛されていたパピヨンは、フランス革命によって危機に陥りましたが、19世紀になってスピッツやチワワとの交配を重ねながら再浮上して人気を盛り返しました。耳が立ったのはこの時からで、以前の耳が垂れていたパピヨン(ファレーヌ)はめったに見られなくなりました。

パピヨンの性格・しつけかた

順応性が高く、どんな気候や環境でも対応します。明るく快活な性格で、動作は機敏です。好奇心旺盛で、まわりのものごとにいつでも興味を持ちます。
優美な外観は、パピヨンを弱々しく見せ、典型的な小型愛玩犬としておっとりしていると思われがちですが、実際はそうではなく非常に元気のいいやんちゃ犬です。飼い主を独占したがる傾向もあります。また、しつけにも適応するので、正しく訓練すればよく服従するようになります。
身体も頑丈で健康な犬種なので都会でも田舎でも飼うことが可能です。 都会ではドッグランで走り回り、田舎ではネズミやウサギを追い回して楽しく暮らすでしょう。

パピヨンのおていれ・運動

トリミングは必要ありません。コートの手入れも比較的簡単で、週に2回のブラッシング程度でいいでしょう。シャンプーについても月1~2回くらいはおこなうくらいで大丈夫でしょう。
運動が好きでほかの犬とも遊ぶのが好きなパピヨンなので、ドッグランへ行くと元気に走り回ります。散歩以外にもいろいろ連れて行ってあげると喜びます。

パピヨンの毛色

公認されている毛色はパーティーカラーだけです。地色が白でブラックやブラウンの斑が耳と眼に入っているのが理想とされています。全身が白のみのパピヨンはショーでは失格になります。

パピヨンの出産と子犬

だいたい3頭くらいの子犬を産みます。生後4週間くらいの間は寒くならないように気を配ることが必要です。

パピヨンの遺伝性の病気

 > パピヨンの体験集

スポンサーリンク

 >> 犬種の一覧を見る