犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の種類 > ノーフォークテリア

ノーフォーク テリアの全身写真
原産国 イギリス
起源 1800年代
初期のタイプ ネズミ捕り
現在のタイプ 愛玩犬
寿命 14年位
体重 5~5.5kg
体高 24.5~25.5cm

目にしたネズミはしとめなければ気が済まない、という本能も残っている楽しい小型犬

ノーフォークは活発で元気な小型犬で、いかにもテリアらしく目にしたネズミは必ず攻撃したいという本能を残しています。体は頑丈で責任感もあるので、番犬を兼ねた愛玩犬として優秀な働きをしてくれます。小型犬ですが運動が大好きなので、できるだけ走り回れる環境を多く与えてあげたい犬種です。

スポンサーリンク

ノーフォークテリアの歴史

ノーフォーク テリアの種類がわかる ノーフォーク テリアは、狩猟犬として主にケンブリッジやノーウィッチなどのイギリスの都市で飼われ、成長してきました。1932年に公認され、その後1964年には同じとみなされていた立ち耳のノーウィッチを別の犬種とし、垂れ耳のほうを「ノーフォーク」として区別しました。アメリカでも同様に区別されています。
ノーウィッチのノーフォークは同じ時期に同じ目的で発展してきました。ノーウィッチは、最近のアメリカやイギリスのドッグショーでも活躍しています。

ノーフォークテリアの性格・しつけかた

ノーフォーク テリアの性格は ノーウィッチ テリアとノーフォーク テリアは容姿はもとより性格も良く似ています。どちらの犬種もあらゆる環境にうまく適応でき、幼い頃のしつけさえきちんとできればいろんな人や動物達とうまく調和しながら暮らすことができます。子供も好きなので遊び相手としても最適です。体も小さく、とても飼いやすい犬として知られています。

ノーフォークテリアのおていれ・運動

ダブルコートでカールしている毛並みは量もとても豊富です。この犬種の特徴としてアレルギー性の皮膚疾患にかかることがあるので、できるだけ数多くブラッシングをしてあげるといいでしょう。
もともとネズミを捕っていたこともあり、小さいながらにして運動量は豊富です。ドッグランなどを利用して全力で遊ばせてあげるとストレスがたまりにくいでしょう。

ノーフォークテリアの毛色

いちばんポピュラーなのはレッドで、その他にもブラック・タンやウィートン、グリズルがあります。稀にホワイトの斑点がある犬もいますが、あまり好ましくないとされています。目にはブラックの縁取りがされています。

ノーフォークテリアの出産と子犬

一度の出産数は少ないほうで3頭くらいです。人に慣れやすい性格なので、子供のうちからスキンシップを計るととても楽でしょう。

スポンサーリンク

 >> 犬種の一覧を見る