犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の種類 > ラブラドール

ラブラドールの全身写真
原産国 イギリス
起源 1800年代
初期のタイプ ガンドッグ
現在のタイプ コンパニオン ・ ガンドッグ
野外実施競技 ・ 救助犬
盲導犬 ・ 警察犬
寿命 12~13年
体重 25~34kg
体高 54~57cm

護衛犬・猟犬・家庭犬として、あるいは盲導犬として優れた性能を発揮するラブラドール

もともとはニューファンドランド島の海岸で猟師の手伝いをしていたラブラドールは、19世紀初頭にイギリスに渡りその後急激に人気が上昇していきました。戦争中は地雷を発見する犬にもなり、現在では盲導犬や警察犬など使役犬として多いに人々を助けています。

スポンサーリンク

ラブラドールの歴史

ラブラドール犬の歴史 タラを売り歩いていた行商人が、イングランドのドーセット州にあるプールという港町にこのラブラドールを連れてきて、気に入った地元の地主が買い上げてガンドッグ用に改良したのが始まりといわれています。 ラブラドール レトリバー(以下ラブラドール)の原産地は、カナダのニューファンドランドのセントジョーンズです。カナダではより熊のようにもっさりしたニューファンドランド犬と区別するために、小型水猟犬という意味のスモール・ウォータ・ドッグという呼びかたもされています。
愛想が良くて社交的なラブラドールは、水が好きなだけあって耐水性が抜群です。もともとはニューファンドランドの海岸線で、魚のかかった網を猟夫が引き上げる手伝いをしていました。また、水鳥を運んでくる技能もありました。水鳥の運搬用にも力を発揮したことからラブラドールというながついたほどです。また、戦争中や戦後には鋭い嗅覚を生かして深いところに埋められた地雷を発見するようなこともできました。 昔から人々の役に立ってきたラブラドールは今日でも人間の家族の一員のように愛玩犬としてだけではなく、盲導犬や警察補助犬などさまざまなところで活躍しています。

ラブラドールの性格・しつけかた

ラブラドールの種類がわかる 粘り強いのがラブラドールの特徴で、人間に忠実によく働いてくれます。しつけがしっかりとできた犬はしっかりしていて落ち着きがあり、家庭犬としてだけでなく、護衛犬あるいは盲導犬として優れた性能を発揮します。 また、与えられた仕事に対しては、いつもたいへんに熱心に取り組みます。どんなことでもきちんと適応能力を発揮し、長時間の訓練にも耐えることができます。
基本的に万能の犬で争うこともしない性質ですが、性格がわがままなラブラドールもなかには見かけられます。幼犬のうちから社会化できるように外に出歩くとより社交的になるので、子犬のうちからできるだけ外に連れ出すようにしましょう。

ラブラドールのおていれ・運動

ラブラドールのおていれのしかたコートの光沢を出すための手入れは、毎日の軽いブラッシング程度でも大丈夫です。また、毎日のブラッシングはラブラドールとの絆を保つことにも大いに役立ちます。
運動量は豊富なので、ある程度の運動量は必要です。また、とても水が好きなので、時どきは泳がせてあげると喜ぶでしょう。
しつけに対応する犬種ですが、手を抜くと大変です。きちんとしつけができればとても万能なパートナーになってくれます。

ラブラドールの毛色

短くて厚い毛の質をしています。毛色はイエロー・ブラック・チョコレートがあります。

ラブラドールの出産と子犬

一度の出産は多めで、7~8頭の子犬を産みます。親と同じ色の毛色で生まれます。子犬のうちにしつけをきちんとしましょう。

ラブラドールの遺伝性の病気

 > ラブラドールの体験集

スポンサーリンク

 >> 犬種の一覧を見る