犬の病気・種類・お散歩情報

犬モール > 犬の種類 > ブルテリア

ブル テリアの全身写真
原産国 イギリス
起源 1800年代
初期のタイプ 闘犬
現在のタイプ 愛玩犬
別名 イングリッシュ ブルテリア
寿命 11~13年
体重 (スタンダード)24~28kg
(ミニチュア)11~11.5kg
体高 (スタンダード)53~56cm
(ミニチュア)25~35cm

ちっちゃな目でおとぼけ顔がキュートなブルテリア。もともとが闘犬用という意外な経歴の持ち主

ブルドッグとホワイトイングリッシュテリアを交配させたブル テリアは、ブルドッグの勇敢な性格が受け継がれて闘犬として活躍してきました。現在でもその本質は残っていて、しつけがしっかりできないと他の犬とすぐにけんかをしてしまうなどの問題もありますが、人への忠誠心はトップクラスです。

スポンサーリンク

ブルテリアの歴史

ブル テリアの種類がわかる ブル テリアは絶滅したホワイトイングリッシュテリアとブルドッグを交配させて誕生した犬種で闘犬のために作り出されました。闘犬が禁止されるまでは勇敢な性格をいかして活躍していました。
毛色にはブリンドルやレッドの他に人気のあるホワイトがありますが、ホワイトは誕生当初は人気がなく劣等犬とさえいわれていましたが、現在ではオシャレでスポーティーなカラーとされ、いちばんの人気を誇っています。
ホワイトの犬種の問題点として、遺伝性の聴覚障害や慢性皮膚炎、心臓病を引き起こしやすいという点があります。

ブルテリアの性格・しつけかた

ブル テリアの種類がわかる とても忠誠心が豊富な犬種で、主人が喜ぶことを行なう行動が好きな傾向があります。とても人間が好きですが複数の犬を飼うと犬同士でけんかをしてしまう場合があります。
体は頑丈ですが心は傷つきやすくデリケートなところがあります。また、頑固な面もあり、自分が正しいと思ったことはなかなか曲げない性格なので、噛み付いたりすることもあります。しつけをきちんと行なわないと理想的な家庭犬となりません。とくに他の犬には攻撃することが多いので注意が必要です。

ブルテリアのおていれ・運動

コートは滑らかで密生しているので、トリミングは不要で、自宅で週1~2回くらいブラッシングをする程度で充分です。たまにシャワーもしてあげると良いでしょう。ただしホワイトカラーのブル テリアは汚れが目立ってしまうので、他の毛色よりも若干頻度を多くしても良いでしょう。

ブルテリアの毛色

ブリンドル、レッド、ホワイトがあります。ホワイトは誕生当初は人気がありませんでしたが、現在ではいちばんおしゃれな色として人気を誇っています。

ブルテリアの出産と子犬

5、6頭くらいの子犬を産みます。子供のうちは耳が垂れていますが3ヶ月くらいすると立ちはじめます。生まれたての子の鼻はピンク色です。

スポンサーリンク

 >> 犬種の一覧を見る