犬の病気・種類・お散歩情報

 

犬モール > 犬の種類 > アラスカンマラミュート

アラスカンマラミュートの全身写真
原産国 アメリカ合衆国
起源 古代
初期のタイプ ソリ犬、狩猟犬
現在のタイプ ソリ犬、犬ぞりレース、愛玩犬
寿命 12年位
体重 39~56kg
体高 58~71cm

オオカミのような外見をしていて体も丈夫だが、実は人なつっこい愛玩犬。

寒い地方でソリ用の犬として活躍してきた丈夫なアラスカンマラミュート。厳しい自然に耐えられるような体を生かしてソリや荷車を引いてアラスカの人々の役に立ってきました。現在は愛玩犬として日本でも見られるようになりました。

スポンサーリンク

アラスカンマラミュートの歴史

アラスカンマラミュートの種類がわかる 歴史 アラスカンマラミュートは、アラスカをはじめとする北方地方のソリ犬です。氷の上で大きなソリを引いたり、狩猟や漁業でも活躍していました。
西アラスカの北極海沿岸に住むマールマット・イヌイトにちなんでアラスカンマラミュートという名前になったといわれています。 カナダやアメリカでは家庭犬として人気があります。犬ぞりレースが行なわれる地方では今でも大変人気があり、その才能は今でも衰えていません。

アラスカンマラミュートの性格・しつけかた

アラスカンマラミュートの種類がわかる 性格としつけ方 外観はまるでオオカミのようでもありますが、アラスカンマラミュートはたいへん人懐っこい性格をしています。感情もそれほど激しくなく、他の人や犬に対して威圧的な態度をとることもありません。慣れてくると喜んでじゃれあったりもします。
そんな性格の持ち主ながら、体はとても丈夫でたくましく、大きな胸板が特徴的です。スタミナも抜群で、長時間の労働に耐えてきた体力は今でも衰えていません。
しつけや訓練に反応しやすい反面、しつけを怠ると無駄吠えすることもあるので幼少時代からしっかりとしつけを行なうことも必要です。

アラスカンマラミュートのおていれ・運動

アラスカンマラミュートのお手入れの仕方がわかる 春から夏にかけては抜け毛が大量に発生するのでコマメにブラッシングをする必要があります。また、体が大きいので爪に負担がかかりやすいので、子供のうちから爪切りを行なう習慣をつける必要があります。
もともと運動ばかりしていた犬なので、運動不足は深刻な問題となります。また、太りやすい体質でもあるので、食事の管理もしっかりと行います。
アラスカで育っていたので暑さは苦手です。湿気も苦手なので、暑い地方に住んでいる飼い主の場合は特に環境に気を配らなければなりません。

アラスカンマラミュートの出産と子犬

6頭前後の子犬を産みます。衛生面に気をつける必要があるので、できるだけ人との接触を避けます。

アラスカンマラミュートの毛色

ブラック・グレー・ホワイト・ウルフその他の混色で、単色はホワイトのみが標準となっています。

スポンサーリンク

 >> 犬種の一覧を見る